幻想振動症候群とか名前かっこよすぎるけど、この現象が起こる人はストレスを感じているらしい

スポンサーリンク

20151212_1

幻想振動症候群って知ってる?名前かっこよ良すぎた。幻想!ファントム!。英語表記で「phantom vibration syndrome」

ファントム・ヴァイブレーション・シンドローム !!

必殺技かい!

幻想振動症候群について

幻想振動症候群(げんそうしんどうしょうこうぐん)は、実際には携帯電話が振動していないのに、振動したように錯覚する現象。「ファントム・ヴァイブレイション・シンドローム」(phantom vibration syndrome)ともいう。

ウィキペディアに書いてあった。名前のそのまんまで。この必殺技は自分も体験したことがあるぞ。友達からの返事が待ち遠しい時とか、仕事の連絡を待っていて、さっさと終わらせたい時とか、稀にあるわ。

「今バイブなったな?!通知きたな?!」
「きてねぇー!」

悲しすぎるよ!

ストレスによって起こるらしい

「ストレスなんぞさほど感じてねぇーぜっ!」とか思ってても無意識に脳が感じている。人体は正直だなあ。

ちなみに、自分がファントム・ヴァイブレーション・シンドロームを患っている時は、仕事の連絡待の時のほうが圧倒的に多い。そんで決まって自転車漕いでる時なのだ。サイクリングの時くらい好きにさせてぇや。

さっさと終わらせて開放されたいと思っているけど、自転車を漕いでる時ってバイブの音鳴ってるのか鳴ってないのか分からないんよね。

ファントム・ライトニング・シンドローム

家で仕事の通知待ってる時に過去数回経験したことがあるんだけど、バイブじゃなくて通知のLEDランプが光った気がする的な。

「今通知ランプ光ったな?!」
「光っt(ty」

あ、今自分で命名しました。ファントムでライトニングかっこ良すぎる!
ライトニングは稲妻だぜ。間違ってやんの、だっせぇ。訂正はしない。

PC画面を見つつ、スマホを視界の映る範囲ギリギリの所においてたりすると、稀になるんだ。末期である。

ランプとか普通過ぎてカッコ悪いし、通知を英語で調べてみるとnotificationだったので、あえて言うなら。ファントム・ノティフィケーション・シンドローム
完全に造語なので、スルーしてあげてください。

幻想振動症候群って名前カッコええな・・・ということ、それだけを言いたかったんだ。
なんかストレスで起こるらしいですよ。気楽にいきましょ。それだけ。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA