異常なまでに追求したとしても楽しく続けられるものが一生ものの趣味や仕事なのだろうな。

スポンサーリンク

20151030_1

特に料理に特別興味はない。音楽にも特別興味はない。映画とかも別にあんまり興味ないし。何かそれに興味持ってないお前変な奴的な変わってる的な。別にそんなことないよね。何に興味持ってようと良いでしょう。特に料理なんかは口に入れば大抵美味しいし、この店美味しいから行きたいとか別にない。コンビニのおにぎりだって美味しいし弁当だって美味しい。

料理にフォーカスするけど、美味しい美味しくないは個人の趣向があると思う。自分の様な何でも口に入れば良い人間は、コンビニ弁当でも美味しいし、どっかの高級老舗料理店に入っても美味しいし。やっぱ高級老舗料理は違うなーとかは少しは思う。一方で味にうるさい、と言うと嫌な聞こえ方かもしれないが、料理大好き食べるの大好きな人はこの差を敏感に感じ取る。

色んな味を知っているので差が分かる。毎日同じ味の家で作った弁当を食べている人はコンビニの弁当を食べても美味しい。コンビニ弁当や稀に専門店の料理を食べている人はコンビニと専門店と自分の家の料理の味をインプットしているので、その食べたバリエーションの中からどれが美味しいか選択する。このバリエーションが多ければ多いほど。味にうるさくなる。バリエーションが多ければ多いほど例え同じ料理でも美味しくないものは増える。バリエーションが少ないと、何を食べても大抵美味しい。

あれなんかグルメじゃないほうが良くね?

そう思ったので、やっぱり自分は今のままでいいや。

でもさ、冷静に考えれば何についても当てはまる気がする。音楽でもそうだし映画でもそうだし、自分で当てはめればゲームとかマジックとか旅とか。多分ゲームしない人だったらマリオブラザーズやっても面白いだろうけど、もう今の自分は流石にマリオブラザーズではハマれない。散々遊んだしあきたし。別のソフトで遊ぶだろう。

マジックもただのカード当ては物足りない。もっと気持ち悪い普通のマジシャンでは到底できなさそうなテクニックを駆使したようなのが見たかったり。話術がうますぎる人のマジックを見るのが楽しかったりするが、普段から触れていない人だと大抵何見たって嬉しいし驚くだろう。

旅もそうだし。やればやるほど凄いもの、美味しいもの、楽しい物を求めるんだよな。大抵のことは程々にだな。そして「そこまで追求したとしても同じ一定の感想、影響で色あせないのが本当に一生やっていて楽しいことなのだろうな・・」とか思った。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA