過度な予備知識はハードルを高め先入観を持ち、あなたのワクワクを半減させる。

スポンサーリンク

20151110_1

この間映画「るろうに剣心」を見たが、こんどは同じような流れで「あずみ2」を見た。深夜に放送しているのに気づいたのだ。以前(と言ってもかなり昔に)一作目を見た時、とても面白かったので、懐かしさと相まって録画して見たのでした。個人的には「あずみ」の方が面白かったなとか思いながら(多分思い出補正なんだろうけど)結局楽しんで見ていたし、特に疑問に思うことも無いし、あずみカッコイイし。「3作目とか無いんかなー」とか思ったり。無いんだけどな。

ところで、この間の「るろうに剣心」とえらい違いではないか。いやいや、るろ剣も面白かった。でも何でだろうと考えた時、どう考えても原作を知っているか知っていないかの差だろう。「るろうに剣心」は原作を知っていたし、何度も読み直した程思い入れもあったが、「あずみ」はどうだろうか。全く知らない。全く知らないからこそ、先入観がなかったのだ。予備知識のあるものや、過度に期待しているものは実際見ると「期待はずれだった」と期待値上がり、ハードルが高くなりすぎてしまうのだ。実際はとても面白く、素晴らしいのに。

これは映画に限らないだろう。一番身近に起こり得る例として考えられるのは、観光地だ。テレビや雑誌で大々的に取り上げられ、これから旅行を計画中の消費者のハードルはどんどん高くなる。さて、いざ行ってみたら?。期待どおりだった人も居るかも知れないのだが、ここまでハードルを上げられると、内心ガッカリする場合も多い。だからこそ、これからワクワクする事をするのであれば、先入観を0にして真っ白な状態で挑んだ方が、自分自身の内から湧き上がる、ナチュラルな感情だけで判断できるので、良いのだろうなと、「あずみ2」と「るろうに剣心」を見て思ったわけです。

by カエレバ

by カエレバ

スポンサーリンク

フォローする

Profile

Profile びゃす

名前 びゃす
フリーターに飽きたので就職。現在WEBエンジニアとして働いている。
そろそろ会社で働くのにも飽きたので自転車に乗って世界に飛び出そうと計画中。計画通りに行けば2017年春~夏に出発!
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州かな?!

詳しいProfileはこちら

会いたいって人連絡ください!世界のどこでも自転車で会いに行きますよ!


follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA