自転車旅行とは自然風景を楽しむというより人との出会いを楽しむ旅ですね

スポンサーリンク

自転車旅を初めてたかだか1ヶ月ですが最近「自然風景よりも人かな」と思い始めています。

1年後はどう思っているかは知らんけども、今はそう思うんだ。

人間関係ってめんどくさいから自然風景ばかり見ていたい

自分は内向的な性格をしている為、人とのコミュニケーションで直ぐに疲弊しちゃうんです。

だから人間関係を上手く保つ為に一定の距離感を崩さないようにしないといけない。
神経を研ぎすませながら日本では生活していました。

本当に疲れます。

だからこそ人とのコミュニケーションなんて一切捨てて大自然でもずっと見ていたいなって思ったりもした。それが全てではないけど、理由の1つでもあります。
んで自転車旅を始めました。

「自転車で世界一周」に興味を持った理由と自分について。
目次 自分のこと 大好きな物、事、趣味。 自転車旅に興味を持った理由 高校生の頃 大学生の頃 ニコ厨の俺...

テレビやネットで見る自然風景写真や動画はマジックだから

テレビや雑誌、旅人のブログ。SNSで見る綺麗で優しくて、時に荘厳な景色は見ていて飽きることがなかった。だから自然風景は偉大だなと思うのです。

そう思っていたんだけどね。あれはマジックですから。

考えたら当たり前なのだけど、ネットやテレビで溢れている自然風景というのは、美しく見えるように撮られていたり飽きないようにシーンを変えたり、色々工夫されています。

またネットでは自分の見たい時に見たい自然風景が見える。全て美しくて飽きなくて当然です。

景色は飽きる

で1日中大自然を見ながら自転車を漕ぐんですけどね。

1日あったら自然風景って飽きるんだな」ってなって今は思っています。

自転車旅ってスローなんです。スローだから良いんだけど利点と欠点は表裏一体と言いますか。スローであるからこそ景色が中々変わらない。だから自然風景は直ぐ飽きるなと。

アラスカやカナダって同じような自然風景がずっと続くのです。自分はこれを「コピペフィールド」と1人勝手に呼んでいます。例えばこれ。

とか

木というオブジェクトをコピーして何百回もペーストしたかのような地形がずーーーーっと続きます。勿論美しいなとは思うんだけど、こう続くとね笑

地味な風景の変化はあるものの超地味。100kmとか200kmとか似たような景色が続くのです。

もはやドラゴンボールに登場する精神と時の部屋。セルフ精神と時の部屋。

鬱蒼とした森を切り開いてできた一本道が何十キロも続いおり「突然開けた!」と思ってもまた直ぐに元通りなのです。

また「この景色前にも見たな?」と思える場所も既に何度もあった。

まるで同じところに戻ってきたかのような錯覚に陥ります。

自然風景はやはりファーストインパクト一番良い

そんな一方でやっぱりファーストインパクトは強く、そんな森を切り開いてできた一本道も、それが突然開ける道も、山火事で辺り一面焼け野原になった景色も。

何もかも一度目は、めちゃくちゃテンションが上がるのです。

「自然って凄い。」「何もない!」「この開放感がたまらん!」

更に一気に風景が変わるときもまた気持ちがよくって、アラスカからカナダに入ると、気づけば辺り一面雪山に囲まれていたときは「すっげぇー!」と声を上げてしまった程。

「やっぱ壮大な自然風景って良いな」と思える瞬間です。

しかし2日目にもなると慣れるのか、特に何も思わなくなるのです。

そして自然風景については、その「何も思わなくなる期間」のほうが長いのです。

人ってやっぱ良いな

コミュニケーションを取るのが面倒で面倒で大嫌いな自分が「やっぱり人って良いな」と思えるくらいなので、コミュニケーションとは常に一定のリズム感覚で摂取しないと行けないのでしょう。

たかだか1ヶ月自転車旅をしてきたけど、いろんな人に出会いました。

ただ挨拶するだけの人。声をかけられて会話をした人。お店のスタッフさん。宿泊先のオーナー。道中で出会う自転車旅行者。宿泊先で同じく泊っている住人。バックパッカー達。

皆違う。

雰囲気とか喋り方。フレンドリーな人や冷たい人。無表情な人。

何言っているか良くわからないけど、それらを感覚で感じるのが楽しい。

そんなこんなで写真も走行中の自然風景の写真って初めは撮るんだけど、そのうち撮らなくなっちゃって、知り合った人を撮ったり町中を歩いている人を撮ったり、人工物とかを撮る割合が増えたように思う。

町の景観に自然風景をあわせたり。ともかく大自然だけを撮ることって少なくなりました。

コミュニケーション不足なのでしょう

おそらく、毎日誰も居ない所に居る為コミュニケーション不足に陥っており、それで「人って良いな」と感じているのだと思うのです。

なので人がいる環境にずっと居続けるとまた逆転する気もします。

要するに自転車旅をしていると(場所にもよるだろうが)コミュニケーション不足に陥りやすいのかなと。

意外と「景色景色!」というより人に注目したくなるのはそのせいでしょう。

さてさて今後どうなるかは自分には分かりません。

でもしばらくは人にフォーカスして旅をしていくのだろうなと思います。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA