飛行機乗り換え時の手荷物受取ってどうなんのよ?疑問を航空会社に問い合わせてみた!

スポンサーリンク

海外へ飛行機で行くなんぞ、台湾に自転車旅行った時しか経験がないし、分からないことだらけで数日前twitterで荒ぶっていました。

台湾自転車旅なんて5日間だけだし荷物も多くないし……

語学力が無くて海外へ行く自信がないなら、殆どジェスチャーで何となかなる台湾がオススメ!
9月の17日から21日までの5日間自転車を持って台湾に一人旅に行ってきた。日本の海の向こうには、めちゃくちゃ興味があって、妄想するだ...
あんま考えていなかったけど、今回はちょっと考えないとヤバイなって。

なんで調べに調べて、とりあえず航空会社に問い合わせてみようかなと思ったのです。

日本からアラスカへはいくつもの航空会社が運航しているんだけど…1つに絞って、ハワイアン航空+アラスカ航空の組み合わせで解答を得てみようかなと。

知りたいこと

飛行機の乗り継ぎによる手荷物について分からないことがあった。

なにせ手荷物が多いので、乗り継ぎ空港で手荷物が返ってきたらまた預け直しになっちゃう。

そしたらまたお金掛かるの?って。これ大事ですよね。

自転車旅行者はスーツケース1個とかじゃないの。自転車とスーツケース4個分それくらいはあるんじゃないだろうか?と想定。

手荷物受け取ったならそれはそれでいいけど(できたら受け取りたくない)再び預けるときにお金いんの?どうなの?ってことが知りたい。

※手荷物についてはチャリダーマンさんが、アメリカは受取絶対だぞ!って教えてくれたので、まあ受け取るんだろうなというつもりでいます。

海外自転車旅について困っていることを、ベテランがサクッと教えてくれるQ & Aコーナー
質問したら10を返すチャリダーマンさん(以下チャリダーマン)がカッコよすぎて、いや本当にいつもありがとうございます。 チャリダーマンと...

調べてもわからんかったら聞け!さぁ聞くぞ。

※以下は送った質問そのままです。
引用文や強調したい箇所など、記事用に装飾はしています。

ハワイアン航空に分からないことを質問してみた

関西国際空港からホノルル空港を経由してアラスカ航空でアンカレッジ空港へ向かおうと考えています。

その際自転車を持っていこうと考えている前提なのですが、見つけたフライトチケットの1つに「ホノルルにて10時間55分の待ち時間が発生する」ものを見つけました。

貴社のQAを見たところ、

乗り継ぎ便の手荷物についての項目に

『提携航空会社間の乗り継ぎ時間が国内線で4時間以上、国際線で24時間以上ある場合は、ストップオーバーとみなされます。その場合は、受託手荷物を一旦お受け取りになり次のフライトを運航する航空会社に再度受託手荷物として預けていただく必要がありますのでご注意ください。』

(引用:手荷物料金および制限

続けて

『提携会社の乗り継ぎ便に関する受託手荷物料金と規定は、下記の各社ウェブサイトをご覧ください。』

(引用:手荷物料金および制限

とありました。

それに従ってアラスカ航空のページへ行き規定を読んだ所

If your travel includes multiple tickets, and/or travel on more than one airline, your baggage fees and rules may be determined by the other airline. Please check your ticket, or call Alaska Airlines Reservations at 1-800-252-7522 to help determine which airline rules and fees apply to your journey.

When making international connections on a separate ticket to other airlines within twelve (12) hours of arriving in the connection city, you may follow the baggage allowance and weight restrictions of the international airline – provided a ticketing and baggage agreement is in place between Alaska Airlines and the other carrier.

(引用:Checked baggage fees and policies | Alaska Airlines

とあり、英語はキチンと分からないのですが、

12時間以内であれば国際航空のルールに従うことができますのようなことが書いてあるように思います。

また、自転車の手荷物については

自転車は無料手荷物に該当しないため、追加料金をお支払いいただく必要があります。追加料金は、自転車を 1 個の荷物として梱包するか分解して複数に分けるかにかかわらず適用されますので、ご了承ください。

(引用:スポーツ用品 – 自転車

それから、

自転車は日本からホノルルでは15000円だとも記載がありました。

そこで質問なのですが

10時間の待機なのでストップオーバーはすると思いますが、この時自転車を1度引き取ってアラスカ航空で再び手荷物として預けるために、15000円を支払わないといけないのでしょうか?

また、その他の荷物についても、もし受託手荷物許容量を越えていたり、重量超過をしていた場合、同様に再び支払いが発生するのでしょうか?

長くなりましたが宜しくお願いします。

飛行機のチケット購入の際は気をつけて

自転車旅行者だったり、人力旅をする人は荷物が尋常じゃないくらい多くなると思うし、思考停止でポチポチ買ってたら結構痛い目にあう気がした。

質問への解答は30日以内に返ってくるらしいので、また追記します。

30日長いな?あんまり遅かったらもう電話する。

っていうかもう買いたいんでできたら速攻返ってきて欲しいw。

……

解答来たので以下に書き記しておきます

回答が来ました

数日で返事が来た!ありがとうございます!

以下が返答内容です。

この度はハワイアン航空にお問い合わせ頂きありがとうございます。

国際線のハワイアン航空とホノルルからアンカレッジのアラスカ航空の航空券がすべて一括で発券されており、また、同日乗り継ぎの場合には、自転車の手荷物ルールは全区間ハワイアン航空のルールが適用となります。

ホノルルで10時間の乗り継ぎであっても、同日であれば受託手荷物のタグは、関空からアンカレッジまで発行されます。

ホノルルでは一度税関審査のために受け取り後、再度アラスカ航空にて預け直しをお願い致します。

また、受託手荷物も同様、ハワイアン航空のルールが適用となり、サイズ・重量の超過分を関空で一度お支払頂ければ、アラスカ航空では支払う必要はございません。お支払いただきましたレシートを必ず控えとしてお持ち下さい。

関空でお預けをする際にアンカレッジまでタグが付いていることをご確認下さい。

よろしくお願い致します。

めっちゃ分かりやすい!

結果を言えば…

  • 一度払えば乗り換えの時に払い直す必要はないということ。
  • それから乗り換え時は手荷物の受取は発生するということ。

ですね。なるほどー。解決だわ。

ハワイアン航空+アラスカ航空で行くのはアリですね。

中国国際航空+アラスカ航空も捨てがたいのですが、さてさて。

そんなこんな!

スポンサーリンク

フォローする

Profile

Profile びゃす

名前 びゃす
フリーターに飽きたので就職。現在WEBエンジニアとして働いている。
そろそろ会社で働くのにも飽きたので自転車に乗って世界に飛び出そうと計画中。計画通りに行けば2017年春~夏に出発!
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州かな?!

詳しいProfileはこちら

会いたいって人連絡ください!世界のどこでも自転車で会いに行きますよ!


follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA