火星に取り残された人の生存戦略とは「死にたくなければ考えろ」だった【映画オデッセイ感想】

スポンサーリンク

オデッセイという映画を見ました。知ってますか?

2015年の映画かな。割と新しい映画だよ。

この映画はどんな映画なのかと言うと「俺火星に取り残されたけど、どうしよう死ぬヤバイ。でも生きてぇ…」そんな映画です。

※記事のサムネイル画像はグランドキャニオンの写真だよ。

死にそう、でも考え続けた

まあ映画だし、これはフィクションなんだけどね。この映画が伝えたいことってコレなんじゃないかなと思う。

話しの始まりはこう。

主人公のマークとクルー達は、NASAの有人探査計画ミッションで火星を探査していたんだけど、途中大嵐に見舞われてしまう。

んでもって、マークは不幸にも事故に巻き込まれてしまい、クルーの皆はマークが死んだのだと勘違い。

そのまま地球へ帰還してしまうんだけど、しかしながらマークは生きていた。
さて、ここからさてどうするか…ってところから話はスタートします。

食料も水も底尽きてしまう

幸い拠点には物資が僅かながら残っていて、それで一時的にはなんとかなるものの、次の火星ミッションまでは4年後でした。それまではどうやっても生きていけない。

水も足りない、食料も足りない。

そこで「死ぬ。俺死んだ。」って思って諦めればそれまでで、当然俺は死ぬんだけど、マークは、現在ある物資を使ってジャガイモを栽培し始めます。

実際火星でジャガイモを育てるために必要な物資があれば、実際にそれが育つのかどうかは解らない。

だけど、ここで大事なのはそういうことではなくて、「諦めたら死ぬけど、その前に考えてみたら?」ということよね。

問題を1つ1つ解決していく

映画では、誰も住んだ実績も無い火星でマークは1年以上過ごすんだけど、そうすると問題は山ほど出てくる。それをマークは1つ1つ潰していきます。

そんで最後には助かるっていうハッピーエンドな映画です。

死ぬ瀬戸際なのに、マークが前向きなのも良いですね。悲壮感があんまりない。割とエンジョイしているので、見ていて楽しいですよ。

問題を1つ1つ解決していく様は爽快です。

問題とはいくつかのパーツによって構成されているんだろうな

多分だけど、自分たちは問題にぶつかった時、それを1つの大きな塊として捉えているのかと思う。

問題はある。しかし、それはいくつかのカテゴリに分離できるのだと。

PCにはCPUが有り、グラフィックボードがあって、ファンが着いているように。

カレーはジャガイモと人参とルーと肉で構成されているように。問題も同じく分解することができるのだと。

自分たちは1つの問題にぶつかった時分解しようとせず、表層的な所だけを見ているから「もうだめだ」と思うのかもしれないね。

考えて問題を構成するパーツが見つかれば、先が見えるのかもしれない。

そう思わせてくれるような内容でした。

その時々でなければ分からない

問題とは、想定の範囲外で起こることであり、人が想定できることなど殆どないのだろうなと思いました。

実際には、問題が起こったらその時々で、その場所にあるもので解決できるように考えないといけない。

それはどうするのかと言うと、普段から考え続けていることなでしょうな。

フィクション?実感わかねー

「フィクションだから、幾ら言っても実感わかねーわ。所詮フィクションダワー」って人には、アポロ13をオススメします。

同じような感じで、今起きている問題を、限られた物資のみで解決していく映画です。こっちはノンフィクションだよ。

現状を打破するために考えよう

例えば現状楽しくない。先が見えなくて不安。って思うならどうしたらいいか考えよう。

不安や今自分を悩ませている問題を1つ1つ要素に分解して解決して行こう。

飲み会で友達と何でもない話をしたり、面白いだけであまり意味のないLINEでのチャット。それもいいけど、考えないと今より良い状況にはならないんじゃないだろうか。

オデッセイ。そんな映画です。面白かったー

スポンサーリンク

フォローする

Profile

Profile びゃす

名前 びゃす
フリーターに飽きたので就職。現在WEBエンジニアとして働いている。
そろそろ会社で働くのにも飽きたので自転車に乗って世界に飛び出そうと計画中。計画通りに行けば2017年春~夏に出発!
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州かな?!

詳しいProfileはこちら

会いたいって人連絡ください!世界のどこでも自転車で会いに行きますよ!


follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA