ボルトが外れやすくいオルトリーブサイドバッグの定期点検とボルト交換方法を伝授する

スポンサーリンク

20161108-12-min

自転車旅行者なら誰もが知っていると思われる、安心と信頼のオルトリーブサイドバッグ使ってる?自分は毎度お世話になっています。本当にこのバッグはおすすめです。

オルトリーブの何が良いって完全防水って所ですよね!

でも弱点もある。オルトリーブサイドバッグはネジ、というかボルトが超外れやすい。

定期点検本当に必須。

だから今日は定期点検やボルトの交換方法まで伝授しようと思う。ほんとすぐ緩むから、点検大事よ。

※確認してないけど、もしかするとサイドバッグ以外のフロントバッグ、サドルバッグでも同じように通用する話かもしれません。

オルトリーブサイドバッグのボルトは外れやすい

本当に外れやすい。ゆるゆるよ。

ボルトとナットの素材がプラスチックってどういうことだ?鉄にしろ鉄に!と突っ込みたくなる。

とは言っても現状がそうなんだからどうしようもなく、放ったらかしにして使用していると、いつの間にかボルトが無くなっていることもしばしば。

無くなったんですけどね。
20161108-8-min

だから何度か使用したら定期点検大事です。

今回は

  • ボルトを締める方法
  • ボルトの交換方法

の2つに絞って説明します。

定期点検にはトルクスレンチが必要

オルトリーブサイドバッグの欠点はボルトが外れやすいことだと書いたけど、そのボルトが厄介なんだ。

ボルト頭の形状が、以下の写真の通り、星型っぽくなっていて、プラスドライバでもマイナスドライバでも外したり締めたりできないし、もちろん六角レンチでも不可能。
20161108-6-min

問題の特殊なナットとボルト。プラスチック製です。耐久度的にも問題ありですね。
20161108-1-min

これを締めたり緩めたり交換したい場合は、「トルクスレンチ」と言う工具が必要です。
20161108-10-min

必要なトルクスレンチのサイズはT15

ドライバにしても六角レンチにしても、ボルトによってサイズが違ったりしてややこしい。

今回使用するトルクスレンチはサイズがT15の物を使用してください。20161108-11-min

オルトリーブのボルトのサイズなんて分からなかったので、自分は

これを買った。数撃ちゃ当たる作戦だ。そして数撃ちゃ当たりました。

このトルクスレンチにあるT15サイズの物で後は締めるだけです。
20161108-4-min

締めるときはナットを固定しよう

ナットを固定しないと、トルクスレンチで回してもナットごと回りやがりまして、全然締まってくれないんですよ。

だからオルトリーブサイドバッグの中にあるナットをモンキーレンチとかで挟んで固定したらやりやすいですよ。

バッグの中を開けると中に、チャックの着いた袋があるので、それをめくってください。
20161108-3-min

そしたらナットが見えるので、これをモンキーレンチ等で挟んで固定しながら、トルクスレンチで締めるのです。20161108-2-min

ボルトを無くしたら調達しよう

困るのがこっち、初めにも書いたとおりオルトリーブサイドバッグのボルトはすぐに緩んでしまいます。

だから定期点検していても、うっかりしていると使用中にポロリと外れて無くしてしまうこともありえます。無くしたしね。(定期点検してなかったからだけどね)

ボルトやナットが無くなってしまったら調達するしかありません。

M3-15mmのボルト、ナット、ワッシャーを使う

M3-15mm相当の物を買えばOKです。

自分はM3-20mmでも良いと思うし、ネジ穴だってなんだって良いですよ。

六角のものにしてもいいし、同じくトルクス規格の物にしたっていい。自由にできます。

それからポイントは鉄製になってること。これで耐久度が上がりました。

後は、ナットですね。緩み防止の為にワッシャーがあるとより良いでしょうね。

後はワッシャー

一応参考に商品リンク貼りましたけど、個数見て。110個?490個?要らねぇって話だ。流石にバラ売りは見つけれなかったし、セット売りもなかった。

だからホームセンターに行って買うことをおすすめします。

自分はナットだけ無事だったので、ボルトとワッシャーだけ使用しました。20161108-9-min

全部交換するのが一番良い

ホームセンターなんかに行けば、M3ボルトとセットでナットやワッシャーが売られているので、1セット買えば5つ6つ程ボルトが手に入るんですよ。

だからこの際全てのオルトリーブサイドバッグに取り付けられている、ボルト、ナット等を交換してしまうのも有りです。

定期点検の回数が減るはずです。

鉄製ボルトの見てくれが気に入らない

わかる。オルトリーブのあのデザインをできるだけ崩したくない。わかる。

そのへんのホームセンターに売ってる様なボルトじゃ、その辺りまでカバーできません。

なんか調べていたらオルトリーブ専門店みたいなサイトを見つけたので、そこで買えばいいんでないだろうか。

交換部品・修理キット – オルトリーブ ORTLIEB 通販専門店 ||  バイクバニア・バックパックバッグ・メッセンジャーバッグ

なんかすっごい揃ってた。パーツカタログ参照。

これで完璧オルトリーブサイドバッグ

脆弱なボルトさえ解決してしまえば、完全防水、大容量で最強のサイドバッグの出来上がりです。

これで安心ですね。

楽しい自転車旅ライフができるね!そんなこんな。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA