家の中でも寝袋生活!快適に過ごす為のアイテムを予算1万円程度でご紹介!

スポンサーリンク

20161104-3-min

家の中でも寝袋生活中の自転車旅行者びゃすです。

次の旅からは世界進出です。

世界中走り回るのは自分の夢ではあるものの、環境変化というのはストレスがかかってしまいます。

そんなこんなで、なるだけ環境を変えたくないな…といろいろ思った結果、家でも寝袋で寝るという選択肢となりました。

本当は、ベッドで寝るのが面倒くさいから初めたんだけど、まあ理由をゆうならこう言うことにしよう。笑

家の中でも寝袋を使って生活していたら、重たくてかさばる布団など必要が無くなるよ
ここ1年半程、家の中で寝袋で生活しています。 春夏秋冬オールシーズン1つの寝袋で対応しました。で思ったんだけど、布団いらない。...

寝袋とキャンピングマットは必須

まずは、寝袋生活と言っても、寝袋だけではダメなんですよね。知ってました?

寝袋は掛け布団で、敷布団やベッドならマットが無いといけないように、寝袋も同じです。

敷布団にキャンピングマットは必須ですよ。

これが無いと朝起きた時体バキバキになるんで。地面に直接寝るようなもんだ。

道具は1万円~2万円で揃います。

当然質にもよるところだけど、家で寝るためだけに使うなら、以下の物で十分。

キャンピングマットは3000円程度で問題ないだろうし…

寝袋は-10℃の物であれば、日本であれば真冬でも耐えられる。因みに自分は-4℃の寝袋で去年過ごしたけど、全く問題ありませんでした。

日中家にいる時は、この寝袋を足に掛けたり、潜り込んだりしていたら、いつの間にか春になっていたよ。

暖房器具いらんやん」と思った。

お住いの地域によって耐寒温度を調節しよう

寒冷地にお住まいの方は、もう少しスペックを上げた方が良いかもしれませんね。-15℃当たりまで見ておくと良いかもしれません。

逆に沖縄県住まいなど温暖な地域の方はもう少し安い物でも問題なさそう。自身の住まいの地域に合わせて耐寒温度の性能を調整すると良いかと思います。

因みに自分は大阪住まいです。-4℃でも自分は問題なかった。心配なら-10℃をおすすめします。

自分が持っている寝袋について

因みに自分がずっと使用しているのはこれ。

ドッペルギャンガーの寝袋。安物です5000円位でしょうか。これで全然問題ありません。

真冬は二枚両方使って寝ればいい。夏はこの寝袋の上に寝るだけ。春と秋は1枚だけ使う感じで乗り切れる。こいつは万能だよ!

キャンピングマットはモンベルのコンフォートシステム。1万円位。

ただ、今勧めるならサーマレストのZマットをおすすめするかな。

これはモンベルの方と違って、空気で膨らますタイプではないので、破れる心配がないんですよ。頑丈なやつです。

ただし少々かさばります。収納性に関しては空気で膨らむタイプの方が圧倒的にいい。

寝袋も快適性を求めるなら…

寝袋も快適性を求めるなら化学繊維の物よりダウンを選んだほうがいいですよ。

自分が持っているナンガオーロラ900DXは、最高級のダウンを使用していて、寝心地も抜群です。ほんとに。ふかふか。もっふもふ。

最強の寝袋 ナンガのオーロラ900DXがあれば世界の果てでも野宿できそうだしおすすめ
自転車旅行における寝袋の存在はそれはそれは大きなものだ。 自転車での移動は電車、自動車、バイクで移動しているのとは比べ物にならない位に...

ただし、お値段5万円とかなり高級だ。

家で使う分にはオーバースペックだし、なにやら自転車旅でもオーバースペックらしいのだけど、とにかくハイスペックなのは確か。

でもでも寝心地はまじで良かった。ホント。

無くてもいいけどあると便利なインナーシーツ

自分は寝袋を汚すのがいやな奴だ。たためば小さいけど、開いているときは空気も含んで巨大化する。そんなものを洗濯するのは面倒くさいでしょ?

だから、インナーシーツを使用しているんだけど…これがまたいい仕事をしてくれる。

これを寝袋の中に忍ばせ、自信はインナーシーツの中で寝る。

夏から秋に変わる節目なんか、たまに寒いときはインナーシーツに潜って寝ていた。

これがあれば寝袋が汗で汚れることは最小限に防ぐことができるし、本当におすすめ!。

寝袋を汚したく無ければ、インナーシーツを使うべし。
キャンプをするのならば、テントと寝袋は必須だが、今日は寝袋側のお話をしよう。家が立派でも寝床がしっかりしていないと疲れは取ることが出...

さぁ始めよう寝袋生活

要するに、寝袋とキャンピングマットと、あれば便利なインナーシーツが揃っていれば今すぐ初められます。

自分はこれで1年過ごしましたけど、春夏秋冬どの季節も問題なかった。

冬なんて暖房器具要らずで、寒かったら寝袋にくるまってた。

お陰様で電気代は毎月2000円程ですよ。パソコンさえやってなかったら間違いなく1000円台だっただろうなと。

いやー本当に快適だわ。もう布団いらん。

自分は、来年からは自転車旅で日本を出ます。これで国外で野宿しても快適に安眠できそうです。笑

自転車旅道具についてもまとめたよ

自転車旅を始めるなら揃えておきたい!おすすめ必須道具6選!!【野宿旅スタイル向け】
自転車旅行者びゃすです。来年からの世界旅へ向けてひたすら每日準備中ですよ!。 準備してる時ってめちゃくちゃ楽しいですよねー。 さ...
もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA