自転車で世界一周を達成したからこそ言える!出発前、特に気をつけたいポイント3つ!

スポンサーリンク

20161006-13-min

先週土曜日に自転車世界一周旅の達成者達3人とキャンプしてきたよ。

これから自転車で世界一周する自分にとっては、本当に有り難い経験になりました。

ワクワクするけど、やっぱり不安もあります。そんな自分にアドバイスくれるんだから、またとないチャンスです。

得た知識は全部吸収してやるつもりで行ってきました。

今回はその話の中でも特に気をつけたいポイントを3つご紹介するよ!

その前に、世界を走る自転車旅行者のご紹介

辻さん夫婦:

20161006-11-min

ようさんとゆかさん。夫婦で自転車世界一周した強者。ゆかさんは顔出しNGなので、ようさんにだけ登場して頂くことにしましょう。

Webサイト:フィールドテスト | 自転車世界一周

りゅうさん:

20161006-10-min

リカンベントという寝ながら漕ぐ自転車で世界一周した強者。恐らく日本でただ1人のリカンベント世界一周を達成した方かと思われます。
ナイスな笑顔だ。

Webサイト:ボーダーラインノムコウガワ~リカンベント自転車世界一周~

びゃす:

20161006-12-min

これから世界一周達成するやつ。下唇噛むな。

気をつけたいポイントその1
予防接種なんてそんなに打たなくても大丈夫

うん。まじか。

会ってすぐの会話がこれだった。

会話の一部始終をどうぞ

ようさん「いつから行くんー」

じぶん「来年の5月からですねー。今はひたすら予防接種を受けに行っています」

りゅうさん「あ、予防接種とか破傷風と黄熱病だけでいいからね?

ようさん「あーA型肝炎も打っておいた方が良いね」

じぶんの心の声「マジかB型肝炎と日本脳炎打ってもたわ・・・」

りゅうさん「あーそうそう。マラリア予防薬とかもいらんから。あれいらんわ!

りゅうさん「狂犬病もいいわ。噛まれたらどうせまた打たなあかんからね。噛まれてから考えたらいいねん

もちろんふたりともアフリカ縦断達成した自転車旅行者ですから、説得力が違う。

初っ端から、出鼻をくじかれた気分だ。

病気にかかるのが不安でも、全てを防ぐことはできない

こういうのは、実際に経験した方に言われるとグサリと刺さりますねー。何も知らないと、あれやこれやと予防接種を打ってしまうもの。

打った方がいいか打たない方が良いかで言えば、もちろん打ったほうが良いんですよ。だけどそれを言い出すと、海外でかかり得る病気なんて幾らでもあるわけで、底なしなんですよ。

だから旅のプランに応じて重要なものと、そうでないものを取捨選択する必要があります。

これが1人で考えていると、よく解らないんですよね。だから不安でワクチン接種を不用意に沢山打ってしまいがち。

解らなかったら実際に海外によく出向く人や、自分たち自転車旅行者なら、その道超えてきた人に聞くのが一番ですね。

後は、他の情報とミックスして自分なりに何を打つか決めていこうかと思います。

気をつけたいポイントその2
自転車のフレーム素材はアルミでも問題ない

これが一番自転車旅の常識を覆した発言だったと思う。

自転車旅で使う自転車のフレームというのはクロモリ素材が常識なんですよ。

なぜ常識なのかと言うと、クロモリフレームであれば、フレームが折れたとしても溶接が可能だからです。

溶接できればフレームが折れても修理することができます。故障に強いのです。

だけどりゅうさんは言います。

りゅうさん:
「大体フレーム折れるのって、いつもクロモリフレームの自転車に乗ってる奴らばっかりなんよな。アルミで乗ってる奴らで折れた話あんまり聞かへんよ。だったらアルミでいいやん。幾ら修理できたとしても、折れない方が良いに決まってる。

自分「でも、フレーム(例えばフロントフォーク)が折れたら溶接できた方がいいですよね?」

りゅうさん「そんなん、そこまでひどい折れ方したら一時帰国やわ。どの道」

一時帰国するかどうかは自己の判断としても、どの道自転車を乗り換えたほうが良いとのことです。

そうすると結局フレームの素材がクロモリだろうがアルミだろうが関係ないというのが、りゅうさんの主張です。

それならば、アルミのほうが軽いし良いですよね。ってことでグレートジャーニーの自転車などが候補に上がってくるわけで、ランドナー辞めとけって言われ続けた1日でした。

実際に、ようさんの世界一周を達成した自転車はグレートジャーニー。フレームはアルミ。20161006-5-min

やっぱり自転車旅用の自転車はなんだっていい

やはり突き詰めれば自転車はなんだって良いんですよ。後は自転車にどこまで投資するか。

投資すれば、快適な旅が可能なので、どこを終着点とするかですね。

世界一周まで見据えた自転車の条件と選び方
世界一周自転車旅行者予備軍です。今日も1日来年出発に向けて絶賛妄想しつつお仕事しつつ妄想です。 想像してる時ってなんでこう楽し...

気をつけたいポイントその3
世界一周自転車旅行者の選ぶ道具は大抵オーバースペック

りゅうさん「自転車世界一周行く前って、皆大体道具がオーバースペックになりすぎるねん

これぐうの音も出ない。これってごく自然なことだと思うんですよね。だってこれからやることなので、経験していないんです。未知なので想像で道具を用意するしかない。

卓上で考えても無意味

こんな環境で、もしこうなったら。いやいや…こうかもしれない?。なんてあれこれ思うけど、こんなのは卓上の空論なのです。

だから、あらゆる状況に耐えられる物が優先的に選択され、オーバースペックになるんですね。そういう万能な道具というのは高品質高機能なので値段も高いんですね。当然だ。

りゅうさん「寝袋とかそんな良いのじゃなくてもええよ」

自分はナンガのオーロラ900を購入しましたが、これがまさにオーバースペックのいい例。

最強の寝袋 ナンガのオーロラ900DXがあれば世界の果てでも野宿できそうだしおすすめ
自転車旅行における寝袋の存在はそれはそれは大きなものだ。 自転車での移動は電車、自動車、バイクで移動しているのとは比べ物にならない位に...

もっと安くて-10度位ので十分対応できるし、それでも寒いならダウンの重ね着などで幾らでも対処可能なんだと言っていました。

自転車旅に持っていく道具をもう一度見直そう

これから世界一周行く方いれば、道具の見直し…今らなできますよ!まだ間に合う!。

一度経験者に話を聞いてみるといいと思います。オーバースペックということは無駄にお金を使っていることですからね。勿体無い。

道具を満足にそろえても自転車旅が出来なければ意味がないですからね。

自分は幸いまだ軌道修正できますので、時間のある今のうちに、オーバースペックかどうか考え直したい所ですね。

いやーこのタイミングで合っておいてよかった。なんならもうちょっと早かったらナンガのスペック見直せたなぁ。

 ダメ出しはされたけど、経験者の言葉はためになる

ダメ出しされまくりました。特に道具については。

「いいね!」と言われたのは「ビクトリノックス」だけでしたよ。悲しすぎるわ笑

キャンプで大活躍な万能ツール、ビクトリノックスは超おすすめ!
自転車で世界を一周しているチャリダー達は自転車に全ての荷物を積載する。なので必然的に超重量自転車を毎日漕ぐことになる。これが厄介で、...

でもね、経験者の言葉ってやっぱ有り難いし嬉しい。

経験してきたからこそ言えることがあって、それを未経験者に伝えていく。こうすることで次のバトンを繋いでいくんですよ。

自分もこうやって自転車世界一周を達成したら、次の挑戦者にバトンタッチしていきたいですね。

たっぷり教えてもらい、内省を重ねて自分に合った選択をして行きたいですね。

自分のために色々教えてくださってどうもありがとうございました。

終始りゅうさんが喋ってたな笑

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA