自転車旅行を最大限に楽しむ方法3箇条をその道5年の僕が教えよう!

スポンサーリンク

20160915-2-min

思えば自転車旅を5年近く続けていることに気がついた。大学を卒業する前から始めているので大体そんなもんだと思う。所詮5年だが?

「自転車で世界一周」に興味を持った理由と自分について。
目次 自分のこと 大好きな物、事、趣味。 自転車旅に興味を持った理由 高校生の頃 大学生の頃 ニコ厨の俺...

さて、初めに始めた時から今までずっと「これは自転車旅において間違いないな」と思うことがあります。

それは

  • 自分のペースで走らなければ楽しくないこと。
  • 野宿は楽しいこと。
  • 一期一会の出会いは病みつきになること。

第1条
自転車旅はとにかくマイペースに楽しむべし

自分の自転車旅スタイルは、とにかくゆっくり、スローペースです。おそらく時速にして平均10km~15km位だと思う。おまけに寄り道もガッツリします。

去年か一昨年か忘れたけど、琵琶湖一周をしました。これが驚いたことに3日かかった。自分はそれくらいのペースなのです。

でもそれで楽しいなら全く問題ない。問題無のは自分のペースではない速度で走ること。

これは必ずしも速く走ることではなく、遅すぎず速すぎず。とにかくマイペースに走るという意味です。

自転車旅はただでさえ体力を消耗しますから、そこに辛いだけの要素はなるべく入れない。これが自転車旅をとにかく楽しむための初めの大前提です。

特に日本は峠道が毎日と言っていいほどありますから、力任せに「えいや!」と走り続けるとただ辛いだけなのです。

とにかくマイペースに行く。時間との兼ね合いはあるけれどね。

時間に縛られるのがとにかく嫌なので2日とかの休みでは行かないことにしています。一生懸命になってしまうので。

時間ギリギリの旅は、あまり面白く無い。時間を忘れて余裕のある旅がしたい。
一人旅は自由きままで、他人の気を使う必要もない。気の向くままに楽しめる。だけど、時間に制限があるとそれすらも台無しになる。時間に限り...

頑張らない。これが大事。

速く走ろうが遅かろうが、ゴールしちゃえば結果は同じ。だったら楽しい方でやればいいのではないでしょうか。

第2条
自転車旅行中は、野宿を楽しむべし

自分の自転車旅の原点は、石田ゆうすけさんの「いかずにしねるか!」です。ありきたりですけどね。自分もこれに影響受けまくった人の1人です。

だからこそ、自転車旅行者とは野宿するものだって勝手に思ってますが、強制はしません笑
これは自転車旅スタイルの1つだと思っています。

石田さんの影響のせいか、自転車旅では場所はともかく、空の下で寝ることが1つのイベントになっています。

んでこれがかなり楽しい。
自分が言う野宿というのはキャンプ場でのキャンプも含んでいます。要するに屋内で泊まっていなければ野宿という間隔。

何でも便利になった現代で野宿などする物好きは中々居ないものです。開放感が凄い!。
20150512_5

誰も居ない敷地を朝まで独り占め。星空満点の空。たまらんなぁ。

野宿は誰もが家を持ち、文明にガチガチに守られた現代だからこそ、価値を感じられる行為の1つですね。

もはや自転車漕ぎながら「ここ野宿できそうだなぁ」とかばかり考えてますよ!。野宿スタイルの自転車旅行者あるあるだと思うんですよね。どうかな。

(↑後に幽霊が出る場所とか言われて「野宿しなくてよかった~」なんて後日談があったとか無かったとか)

自分がよく野宿に利用する場所はこんな感じ!

自転車旅行者は毎日のどこで野宿しているのか【日本国内編】
自転車旅をしていると「寝床はどうするんだ?」とよく聞かれる。 野宿です! 自転車旅の寝床については人によって様々。でも野宿の人は...

注意:野宿場所の選択には気をつけてください。日本は世界的に見ても安全と言われていますが、絶対はありません。油断しないでください。また、何か起こっても自己責任です。

第3条
一期一会を楽しむべし

自分は野宿をする前提で旅をしているのは先程書いたとおりです。つまり荷物を沢山自転車に積み込むんですよね。

すると別に、こちらはしんどくないんですけど、一生懸命やってるように見えるからか、なんなのか解らないけど、声を掛けらることが多いんです。

「がんばれー!」とか「どっから来たん?」とか。こう言うイベントが勝手に起こります。

食べ物を分けてくれたり、ホテルを紹介してくれたり、車に乗せてもらったり、台湾人と間違われて話しかけれ「リーベンレン!!(日本人だよ!)」って言って盛り上がったり。

もう二度と合わないかも知れないけど、損得無しに助けてくれる人達が居るんですよ。これが最高に嬉しい。

20160915-1-min(安いホテルを紹介してくれました。2時間ほど親身になって助けてくれた。多分英語喋れねえ日本人が行くから世話してやってくれ的なことが書かれているんだと思う 笑)

これがあるから続けているのも大きな理由の1つかもしれない。本当に嬉しいんですよね。

自転車旅は楽しんだ者勝ちだ

とにかくマイペースでやる。3つ上げた楽しみ方の中でもこれが一番大事です。

しんどくなったら、寝床探して寝ればいい。

時間に余裕のある時やれば、これらの価値が最大化され、病みつきになること間違いありません。

自転車旅って、そんなゆるくて楽しい最高の遊びですよ。

誰にも邪魔されない。限りなく自由になれる瞬間を感じられますよ!

是非3箇条試してみて欲しい!そんなこんな!

自転車旅を始めるなら揃えておきたい!おすすめ必須道具6選!!【野宿旅スタイル向け】
自転車旅行者びゃすです。来年からの世界旅へ向けてひたすら每日準備中ですよ!。 準備してる時ってめちゃくちゃ楽しいですよねー。 さ...
スポンサーリンク

フォローする

Profile

Profile びゃす

名前 びゃす
フリーターに飽きたので就職。現在WEBエンジニアとして働いている。
そろそろ会社で働くのにも飽きたので自転車に乗って世界に飛び出そうと計画中。計画通りに行けば2017年春~夏に出発!
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州かな?!

詳しいProfileはこちら

会いたいって人連絡ください!世界のどこでも自転車で会いに行きますよ!


follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA