欲しい人急げ!ランドナーを探しているなら小さな専門店か工房に行けば取り扱っているぞ!

スポンサーリンク

20160901-2-min

自転車旅のためにそろそろ新しい自転車が欲しいと考えていていろいろ考えていたんだけど、決めたよ。俺ランドナーを買うぞ!

買いました。

自転車世界一周で乗る自転車はスワローランドナーに決まりました!
自転車世界一周に使う自転車がよーーーやく納車されました。 待ちに待ちすぎた。 スワローランドナー様(つばめ号)です。20...

というわけで、にしてもランドナーって何処で手に入るのか分からないって人の為に情報共有も兼ねて、その決断に至った経緯を書いていきます。

自転車旅専用の自転車ランドナー

日本独自に発展し進化してきたランドナーというジャンルの自転車が有あって、ランドナーとは「自転車で旅をする人」という意味であり、その人達の為の自転車なのです。

ランドナーはツーリングバイクの中の「ランドナー」というジャンルなのかなと思います。

とりあえず、マイナーなので取り扱っているお店が少ないのです。

4年近く大阪に住んでいるんですけどランドナーに乗って走っている人を見たことがないし、駐輪してる姿も見たことがありません。とりあえずマイナーなヤツなんです。こんなヤツです。
20160901-1-min

引用:RAN SWALLOW Randonneur|ARAYA Bicycle Project

一見ロードバイクに見えますが中身は全然別物ですし、実物を見ると結構ごっついです。

さて、自分はどんな自転車に乗っているかというと、そこら辺に転がってるただのクロスバイク(しかもエントリーモデル的なチープなやつ)です。

これで今まで旅をしていたのだけど、やっぱしちゃんとしたの欲しい!。

っていうわけで探していたんですランドナーを。ずっとずっと。

ランドナーの特徴

ランドナーを探すにしてもちょっと特徴位知ってないと、見つけてもスルーしちゃいそうなので、お勉強しておきたいですよね。

さて自転車旅に特化した自転車の特徴として、例えば以下の特徴が挙げられます。

  • ママチャリの様に後輪上部にキャリアが備わっている。あるいは設置することが出来る
  • 前輪部分にも同様にキャリアが備わっている。あるいは設置することが出来る
  • ママチャリのように泥除けがある
  • 自転車のフレームがクロモリ素材(鉄みたいな)
  • タイヤが太い(マウンテンバイク規格のタイヤを採用していることもある)
  • ロードバイクのように速く走ることができない。

まあママチャリとスポーツバイクを融合したみたいな奴。

ロードバイクの様に軽くは無く、速くも走れません。その代わり凄く頑丈な自転車です。

おまけに荷物が沢山つめます。(これ超重要)

世界一周旅専用のランドナーを探す旅に出た

ママチャリで世界中を旅している人は居ます。そうは言っても、やっぱり「気に入った自転車で旅したいなあ」と思った自分は自転車旅にオススメのツーリングバイクを探す旅にでました。

ランドナーは大型専門店では殆ど売っていない

ランドナーというのはマイナーな自転車なのであまりお店でディスプレイされているようなノリでは取り扱っていません。

都会の大型自転車専門店でも店頭に並んでいる姿が見られるのは稀です。(取り寄せすることは可能です)

「ランドナーが欲しいんですけど、世界一周できるようなの…」

と店員さんに訪ねても。

「うちは置いていないですねー。」

と言われてお終い。何度店員さんにお祈りされたか。

そんなこんなで、ランドナーを取り扱っている自転車屋さんは少なくとも大型専門店では店頭に並んでいないことが多かったです。何件も探し周ったけど全滅でした。

世の中売れるのはロードバイクなんですね。もっと流行れ!自転車旅!

まあロードでも自転車旅はできるしなぁ。…

こんなに自由気ままで超楽しい自転車旅行が、流行らない3つの理由とは?!
どうやら海外の一部の国では自転車旅が人気?らしい。 たとえばカナダとかニュージーランド。それからヨーロッパ諸国。 んで日本は...

ツーリングバイクは取り扱っている

安いツーリングバイクであれば置いていることもあるんですけどね。

例えばジャイアントのグレートジャーニーとか。

コレでも自転車旅は出来るし、世界中走ろうと思えば走れる。でも求めてるのとは違うんですよ。自分が欲しいのはランドナー。

このようなお店で手に入るツーリングバイクは、お手軽で安くて自転車旅入門にはオススメなんで、これから初められる人は是非!。

小規模な自転車専門店か自転車工房にがオススメ!

そんな感じで普通のお店では、世界一周レベルで使えるランドナーは手に入りにくいことがお分かり頂けたかと思います。

ではどこが良いのか…

完成車が欲しい人は小規模な自転車専門店

自転車専門の大型ではない小型のお店が狙い目だったりします。

例えば大阪なら吹田市にあるサイクルショップカンザキ店ですね。

行ったら「売り切れた」って言われて泣きそうになったけど…

こういう店こそ取り扱っていて狙い目だったりします。当然取り扱い台数は少ないんですけどもね。

というかランドナーというジャンル自体もはやマイナーで、そもそも生産台数自体少ない。

だから欲しいなら直ぐに買うことが大事。だって売り切れたら再入荷しづらい上に、生産台数も少ないので取り寄せもできない可能性があるからです。

実際カンザキさんで赤色のランドナーを取り寄せたいとお願いしたら

「もうメーカーも今年分は生産が終わっていて…」

なんて言われてしまいました。

欲しいなら急げ!

因みに、このようなお店で取り扱っているランドナーというのは完成車です。

当たり障りなく、でも確実に(売り切れていなければ)直ぐに手に入ります。

とことん拘りたいなら自転車工房

そしてもう一箇所!。100%取り扱っているのが古くからある自転車工房です。

例えば京都にあるアイズバイシクル店

こっちはガチなんで生半可な資金で挑もうものなら速攻で精神がやられてしまいます。行ってみたんだけどマジで高すぎてウンコ出そうになった。

「予算20万でオーダーしたいんですけど。」

「後2倍必要ですねぇ…」

「Oh(^o^)…」

自転車工房の自転車が高い理由

高い理由はフルオーダーで自分だけの専用自転車を作っているからなんですね。そりゃ高いわ。

こういう所では自転車旅用の自転車を取り扱っていてフルオーダーないしセミオーダーで注文し、そして1から制作してくれます。

ただし料金がべらぼうに高く、ざっと見積もってみたら40万とか言われました。

ランドナーに拘りたい人は工房も選択肢としてどうでしょうか。

ネットショップでも買えます

ランドナーってネットショップでも買えるんです。Amazonや楽天でも販売されています。

でも自転車ってサイズも様々で、一度はお店で店員さんと相談した方がいいですよ。

フレームサイズが合っていないとチンチクリンになりますので、えぇ今の自分がそうだし。

自分は完成車を買おうと思う

自分は自転車旅用の自転車は完成車でいいと決断しました。

何故なら海外を走るんです。色々な国に行きます。盗まれるリスクが十分あるんですよね。

盗まれる以外の不確定要素も沢山あるでしょう。だからこそ高級過ぎるのはリスクであると判断しました。だからこそ完成車です。

完成車ならば10万~20万円以内で買うことが可能ですからね。決して安くはありませんが40万円に比べればマシ。

車種は、スワローランドナーという完成車に乗ることを心に決めましたし、後は買うだけ!

そんなこんな(ダークモスグリーンじゃなくてメープルレッドがいいんじゃぁ・・・)

購入した記事はこちら

自転車世界一周で乗る自転車はスワローランドナーに決まりました!
自転車世界一周に使う自転車がよーーーやく納車されました。 待ちに待ちすぎた。 スワローランドナー様(つばめ号)です。20...
もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA