え?ゆとり世代って良いことばっかりやん。

スポンサーリンク

ゆとり世代っていっつもダメだの失敗だのって声がよく聞こえます。
ゆとり代表とも言える平成元年、1989年生まれですけど、悲しくなってくるな?。

「ゆとり世代」と呼ばれる1987年4月〜1996年3月生まれは、小・中学生の頃に「ゆとり教育」がスタート。「ゆとり第一世代」である1987年度生まれは三十路を目前に控え、1995年度生まれは成人を迎えた。

ゆとり世代に聞く同世代の特徴は「打たれ弱い」「プライベート優先」「スマホ依存」|@DIME アットダイム

でもね、自分はゆとり世代についてそんな悪く思っていません。
むしろ良かったと思ってる。(土曜日もがっつり遊べたしな?!)
ネガティブな意見がなんだ「ゆとり」を徹底的に褒めてやろう。

以下は同サイトに記載されていたグラフの引用です。
ゆとり世代の特徴をアンケートした結果ですね。


引用:ゆとり世代に聞く同世代の特徴は「打たれ弱い」「プライベート優先」「スマホ依存」|@DIME アットダイム

あれ?「ゆとり」って良いことだらけですね。以下褒め称える記事。
20150516_1-min

「ゆとり」は仕事上の付き合いよりプライベートを優先

仕事や、仕事上の付き合いよりプライベートを優先させるとかめちゃくちゃいいと思う。
必要でもない会社の飲み会とか出席しない方が良いでしょ。時間の無駄ですよ。

その時間でやりたいことやって生産活動してたほうがずっと良いよ。

自分だったらブログ書くとかブログのデザイン変えたりするかな。
他には1年後の旅のこと考えてるかな。どうでもいい飲み会に行くよりそっちのが良い。
上司の話しとかって「そうですね」しか言えないんですよ。それしか口から出せない飲み会とか行く意味ある?

そうは言っても中々行かないわけにはいかなかったりするのでクソである。

「ゆとり」はスマホ・ケータイを使いこなせます

スマホ・ケータイ依存とか自身に良いと思う。
今の時代スマホを活用して行かないといけないんだよ。
もうちょっとしたらVR技術も使いこなしていかないと行けない。
そんな技術が高速に変化・進歩する世の中でスマホ・ケータイを使えるのは強みじゃないか。
たしかにスマホ・ケータイ依存はよくない。
でもスマホ・ケータイ使えないよりずっとマシだよ。

自分の頭で考えれるなら依存でも別にいい。考えないからダメなんですよ。
「うけるー」とか言っておもしろ画像ばっか探しては友達にLineしてるからそう言われるんです。Twitterとかで発信してコンテンツにしたら良いですよね。
うるさい奴らを見返したりましょう。

「ゆとり」は出世に拘らないので社会的に自立できます

出世に拘らないとか良いやん。
いまの時代に出世とかちょっと危なっかしくてむしろ嫌だわ。
多分ここでいう出世って会社で地位を上げていくことだと思うんだけど、
本当にこれでいいのかな。
だって定年まで同じ会社で働き続けるワークスタイルはもう過ぎ去っているからです。
明日傾いて倒産するかもしれない不安定な時代で出世なんか目標にしていても意味なくないですか?。
ゆとり世代からしてみれば、スマホ・ケータイ依存より、つめこみ世代の会社依存のが心配だよ。母親から自立はしてるけど会社からは自立できてないのです。

「ゆとり」はインターネットを使いこなせます

インターネットに強い
良いことすぎるゆとり世代でよかった!
インターネットが使えないと情報量で優位に立てそうにないですからね。
ネットが使えない人は情報感度も悪いでしょうね。
それはそれでいいこともあるかもしれないけどこれからの時代。それでいいのかな。

「ゆとり」は縦社会で生きられないけどそれでもいい
横社会に行けばいいんだよ

敬語や縦社会が苦手
そう苦手なんです。自分も苦手。でもそれでいいじゃないか。

縦社会って風通し良いとか、そんな感じのこと書いてたりするけど、上からの風通しいが良いだけで一方通行なんですよ。下層に悪い風たまってるよ?抜けていかないと。

上から強くおさえ付けられるだけで「わかりました」って言うしかない。
僕はあなたの奴隷じゃないですよ。
そこから開放される考え方のが素敵じゃないですか。
縦社会とか窮屈すぎるので、自分はさっさと横社会に流れようと思います。

「ゆとり」は好き嫌いがはっきりしてるので
得意分野を伸ばしやすい

好き嫌いがはっきりしている、これめっちゃ良い。

ゆとり世代って、嫌いなことする時間が無駄なんだって本質的に理解しているんですよ。

やりたいことやりましょう。やりたいことを実現するために「嫌なこと」をするのと、
本質的に「嫌なこと」というのは違います。
やりたいこと を実現するための「嫌なこと」は 先に楽しいことが待ってるので重い腰も上がってしまいうんです。
例えば自分なんか自転車旅したいけどお金ないから、とりあえず仕事していますよ。
幸いWeb制作は嫌いじゃない。良かった!。
だけども長時間労働で10時間以上毎日働いてます。辞めたら良いんだけど、もうちょっとしたら旅立つし、面倒くさかったりしてそのまま続けてます。(これはあまり良くないね)
でも自転車旅のためだったら続けられる。
これが目標など何もなかったらただ詰まらないだけですよ。
好き嫌いがはっきりしてることは良い事だ。周りの意見なんぞ気にせず進もうぜ。

「ゆとり」はフットワークが軽いから早く行動できるよ

良いなぁ。自分はそこまでフットワークが軽くないと思ってる。他人から見たら軽いのか?。
フットワーク軽くしていきたい!即行動できることに欠点は感じられない。
むしろだらだらしてる方が先行者有利の時代では不利じゃないでしょうか。
「ゆとり」いいやん

「ゆとり」は個性的なのでオンリーワンになれる

個性的というのは協調性を求められる社会において少々居心地が悪いものです。
自分も高校生の頃位から「変わってる」とかよう言われた。
皆と同じじゃないのが悪に思えた時も合った。

でも気づいたのです、皆と同じであるということはオリジナリティがないことだと。
誰の代わりでもない人間になれたらカッコいいなと思った。

個性的であることはその素質があるんです。
というか人は皆個性的であると思うんだけど、なにせ前へ習え右へ習えの社会なので、個性が潰されていくんですね。勿体無い。

皆が平均的になって行く中で一番を目指すのはレッドオーシャン過ぎてやる気なくなりません?
個性を伸ばせばオンリーワンですよ。他の誰もがあなたの代わりになれません。最強じゃないですか。そう思えば個性的で良くない?

他は訓練したら直ることばかり

「打たれ弱い・失敗を恐れる」とか、「ストレス耐性が低い」とか「コミュニケーション能力が低い」とか「受動的・積極性がない」とか、
こんなの自分のやりたいことやって目標達成を何度か繰り返していれば克服できますやん。

欠点でさえない、練習すれば良いだけのことです。
1度1人で海外行けばいいんですよ。台湾はちょうど練習になりますよ?
できれば、都会じゃなくて地方に行ってください。良い感じに日本語が通じませんから。

語学力が無くて海外へ行く自信がないなら、殆どジェスチャーで何となかなる台湾がオススメ!
9月の17日から21日までの5日間自転車を持って台湾に一人旅に行ってきた。日本の海の向こうには、めちゃくちゃ興味があって、妄想するだ...

自分の頭で考えないと何教育でもあまり変わらない

ゆとり教育だろうとが、つめこみ教育だろうが自分の頭で考える土台が無いと、言われたことに従順になるだけで、そこからはみ出ると行き場が無くなるんですよね。

小学生や中学生のころ先生が「質問ある人」と言っても誰も手上げないんですよ。
自分も上げなかったよ。
そりゃそうですよね。言われた通りにやるだけなので、質問なんて思いつくわけ無い。何も考えてないんだから。

テストなんか教科書に書かれていることを覚えたら良いだけ。
自分の頭で考える土台がしっかり出来上がった時「ゆとり」の真価が発揮されるのです。

つらつらと「ゆとり」って良いんだってことを書いてきたけど、
これも思考停止だと意味が無いこと。

他人の言ってることは正しいかも知れないけど、1度自分の頭で考えて整理し直して判断できるようになれば、ゆとり世代は他のどの世代よりも優位になれると自分は信じています。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA