360度のパノラマVR動画を撮影するにはどの機材が一番おすすめか?!

スポンサーリンク

20150517_3-min

パノラマというかVR動画って写真と同じノリで撮影できるものだと思っていました。
何を思ってそう考えていたのか。ちょっと考えたら違うことくらい分かるようなもんだが。

さて…
旅で360度のパノラマVR動画とか取れたら超絶楽しそう。
でもどうやったら撮れるのか分からない。

だから何の機材があれば撮影できるのか調べてみたよ。
何が一番おすすめか考えてみましょうか。
ドローンと組み合わせるともっと楽しいやろね!。

自転車旅行でどの様なドローンを持っていけば活躍するのだろうか。
自転車旅にはドローンを持って行きたいなと思っている。絶対楽しい。全く知らない国、知らない場所での空撮。この地域を空から見たらどんな景色が映る...

手軽に360度のパノラマVR動画を撮りたいならTHETA

手軽に?こだわる?パノラマ写真撮影機器の選択と機材5つをご紹介
パノラマ写真、パノラマ動画を撮ってみたいと思いを の記事にしたためたまでが前回までのあらすじ。 実際に始めるのは先だが、...

この記事でも紹介したRICOHのTHETAです。

これパノラマ写真も360度のパノラマVR動画も撮れてしまいます。万能だあ。

Passing the Eiffel Tower in Paris, France – Spherical Image – RICOH THETA


ただし解像度等、スペックにまだまだ問題ありです。
上に貼り付けた360度のパノラマVR動画をPCで見るのであれば良いんですよ。これでも別に。

でもVRヘッドセットやハコスコ等で見ると絶対微妙。

せっかくのVRで動画が丸みがかってて台無しです。
拡大ボタンを押して一人称視点になるくらいまで拡大させてようやく没入感がでます。
でもそうすると、解像度が低いので荒々しくなりますよね。これじゃあダメだよ。

THETAはコンパクトで使い勝手も良いんですけど、
拘っていきたいなら少々頼りないんですよね。
メイン機器ではなくてサブとして使用するなら有りだと思います。
それからVR動画を撮っても拘らない人なども良いですね。
後述しますがそうも言ってられないのだ……

アクションカメラで防塵防水のPIXPRO SP360 4K

KodakのPIXPRO SP360(以下SP360)という商品もあります。

GoProと同じアクションカメラです。
GoProでは単体ではパノラマVR動画撮影は不可能ですが、SP360はこれだけで完結して撮影出来てしまう所が魅力。
ただし360度のパノラマVR動画ではなく235度までなんですよ。完全な天体のパノラマがいいって人にはおすすめできません。

そして、あくまでアクションカメラ。
パノラマ写真も撮れますが、あまり期待できそうありません。

GoProで360度のパノラマVR動画を撮影する

はやり拘って行くのなら、パノラマ写真とパノラマVR動画は切り離していくほうが良さそうな気はします。

そこでGoProです。

先ほどのSP360もGoProもどちらもアクションカメラですが、
アクションカメラのジャンルではGoProのシェアが高いこともあって、色々カスタマイズがし易いんです。

GoPro規格?にそって様々なパノラマVR撮影用機材も発売されています。
やはりGoProもパノラマ写真は撮れますが心もとない。でも360度のパノラマVR動画ではこちらのほうが応用性が高いのです。

しかしGoPro単体では360度のパノラマVR動画は撮影できません

そう撮影できないのです。よってカスタマイズするしかありません。
このようにね!
20150517_1-min

引用:Entaniya Fisheye パノラマ専用リグ

GoProのカメラ部分を魚眼レンズに変えてしまいます。
これを3台組み合わせると綺麗な360度のパノラマVR動画が撮影できるわけです。
2台でも可能ですし、1台も完全パノラマではないですが(220度〜280度。レンズの種類によって変わります)撮影可能です。

GoProを複数台用いることで360度のパノラマVR動画を撮影する機材は他にも沢山あり、選択肢の幅が広がります。どうせアクションカメラ持っているならそれを使い回したいですよね。

でもさあ値段がアホ高い

もうわかると思いますけど、GoProを複数台用いるのだから値段もべらぼうに高いのです。
GoPro1台が5万円程しますから3台なら15万円…

と思ったら大間違いで。魚眼レンズも高いんですよ。1台で約15万円。3台なら…

アホかい。

カスタマイズすると普通のアクションカメラとして使えなくなる

この魚眼レンズの方法だと、元のアクションカメラとしての機能を失います。

動画を見ていただくと、もうなんかカメラ部分バラバラにしてるんですよ。
元に戻せるけど、手間めちゃくちゃかかるねっていう。
それに即撮セットを購入した場合元のレンズは無いかもしれません。
(買ってないので、元のレンズが付いてくるか分からない)

魚眼レンズを用いたカスタマイズを諦めるなら

魚眼レンズを諦めるのであれば、このようなものも。

GoPro6つ使ってます。ゴーーージャス!。
もう何個でもいいや。

これならGoPro1個取り外せば普通のアクションカメラとしても使えるね。
GoProを用いる方法は選択肢の幅を広げますが、その代わり費用が掛かり過ぎます。

360度のパノラマVR動画はまだまだ発展途上

ここまで読んでもらえると解りますが、拘るには少々敷居が高いのです。
まだパノラマ写真の方が取り掛かりやすいですね。動画は本当にまだまだ。

しかしこれからどんどん、誰でも簡単に高クオリティの360度のパノラマVR動画を撮影できるようになるでしょう。

その一歩として360度全方位の4K撮影ができる「KeyMission 360」というアクションカメラがNikonから発売されるようです。

20150517_2-min

引用:Nikon KeyMission 360 | 4K Ultra HD 360-Degree Action Camera

魚眼レンズが前後に備わっているのでこれ一台で360度撮影可能ですね。素晴らしい。
Nikonが出すならばCanonやSONYももしかすると動くかもしれません。

360度のパノラマVR動画を撮影するならおすすめは?!

今のところ360度のパノラマVR動画を撮影するのであれば、中途半端に拘るよりは
RICOHのTHETAを使うか、今紹介したKeyMission 360。これの性能次第ですかね。

満足して撮影できるような機材が出るにはまだ2年〜は掛かりそうですね〜
値段も高いし(白目

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA